ブンデスに見る現代サッカーの病巣。「痛み止め」の常用が選手を蝕む

 負傷に関するデータをまとめたドイツのサイト『FUSSBALLVERLETZUNGEN.COM』(FUSSBALL=サッカー、VERLETZUNGEN=ケガ)が、ブンデスリーガの2016−17年シーズンにおける負傷および疾病による離脱日数をクラブごとにまとめ、ランキング形式で公開した。

 もちろん、所属選手の数が多ければ多いほどこのランキングでは不利になるため、あくまで「ひとりあたり」の平均で比較されている。まずはその詳細をご覧頂きたい。

<2016−17年シーズン、各クラブひとりあたりの離脱日数>
※カッコ内は昨季の順位

1位:インゴルシュタット(3位)・・・・・・15.42日
2位:ホッフェンハイム(4位)・・・・・・28.57日
3位:ダルムシュタット(1位)・・・・・・31.57日
4位:ハンブルガーSV(14位)・・・・・・37.03日
5位:ライプツィヒ(データなし)・・・・・・37.29日
6位:フライブルク(データなし)・・・・・・40.98日
7位:マインツ(9位)・・・・・・47.02日
8位:ケルン(2位)・・・・・・48.79日
9位:バイエルン(18位)・・・・・・52.04日
10位:ヘルタ(11位)・・・・・・54.30日
11位:レバークーゼン(12位)・・・・・・57.02日
12位:シャルケ(17位)・・・・・・60.40日
13位:ヴォルフスブルク(8位)・・・・・・60.80日
14位:アウクスブルク(10位)・・・・・・62.66日
15位:ボルシアMG(15位)・・・・・・63.57日
16位:ブレーメン(13位)・・・・・・65.09日
17位:ドルトムント(5位)・・・・・・65.61日
18位:フランクフルト(16位)・・・・・・76.77日

この記事の続きを読む

1