牝馬が強い宝塚記念。「今年はミッキークイーンが狙える」説に根拠あり

 上半期の締めくくりとなるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月25日に開催される。

 このところ、同レースでは牝馬の好走が目立つ。

 2010年、2011年と、ブエナビスタが連続して2着。2013年にはジェンティルドンナが、2014年にはヴィルシーナが3着入線を果たした。さらに、2015年には、デニムアンドルビーが2着、ショウナンパンドラが3着に入り、そして昨年、ついにマリアライトが優勝。牝馬では2005年のスイープトウショウ以来、11年ぶり3頭目の勝ち馬となった。

 グランプリレースは消耗戦。有馬記念にしても、宝塚記念にしても、体力で劣る牝馬には「厳しい」と言われたのも、もはや遠い過去のこと。今や、「牝馬のためのレース」と言っても過言ではないほど、宝塚記念は牝馬が牡馬一戦級と互角か、それ以上に戦えるレースとなっている。

 今年も1頭、牝馬の参戦がある。

 一昨年のオークスと秋華賞の二冠を制したミッキークイーン(牝5歳)だ。

 GI7戦の戦績は2勝、2着1回、3着1回、着外3回。昨年暮れの有馬記念(2016年12月25日/中山・芝2500m)では、勝ったサトノダイヤモンドからコンマ4秒差の5着。その実績は、ブエナビスタ、ジェンティルドンナほどではないが、十分に戦えるレベルにある。

この記事の続きを読む

1