25歳で投手転向と中卒20歳。独立リーグ異色の2人はプロ入りなるか

「みんなからビックリされますよ。それはそうですよね、大学、社会人と外野をやっていて、ピッチャーなんて8年もやっていなかったんですから」

 香川オリーブガイナーズの大型右腕・秀伍(しゅうご)はそう言って、照れ臭そうに笑った。

 アマチュア野球ファンの間では「高島秀伍」の名前のほうが通りはいいだろう。桐蔭学園、東洋大、セガサミーとアマチュア野球のエリートコースと言っていい経歴を歩んできた。社会人2年目には日本選手権に7番・レフトでスタメン出場して活躍。しかし、3年目となる昨秋、高島はチームから引退を勧告される。

 すでに25歳。社業に専念するにはいい頃合いのように思えた。しかし高島のなかには、プスプスとくすぶるものがあった。そして、チームメイトからも気になる言葉を掛けられていた。

「ピッチャーでいけるんじゃね?」

 試しにブルペンで投げてみると、140キロ台前半のスピードが出た。周囲からは独立リーグのトライアウトを受けてみたらどうかと勧められた。

「ピッチャーとしてやりきった感がなかった。あきらめきれなかったのかもしれないですね」

 桐蔭学園中時代はエース。高島自身「自分のピークでした」と語るほど無双の投球で、全国大会(全日本少年軟式野球大会)で準優勝を飾っている。しかし、高校では腰や足首に故障が相次ぎ、投手としては不完全燃焼に終わっていた。それでも、25歳の社会人外野手が投手として独立リーグに挑戦することは、高島自身の言葉を借りれば「ギャンブルでしかない」ことだった。

「めちゃくちゃ悩みましたよ。給料や将来のこと。でも、みんなが応援してくれていて、『どっちにいったら喜んでもらえるかな?』と考えたこともありました。悩みに悩んで、最後は自分で決めました」

この記事の続きを読む

1