もはや柴崎岳は昇格プレーオフの主役に。テネリフェ1部まで残り1戦

 6月21日、エリオドロ・ロドリゲス・ロペスで行なわれたリーガエスパニョーラ・プリメーラ(1部)昇格プレーオフ決勝第1戦、テネリフェ対ヘタフェの一戦は、34分に柴崎岳のアシストからホルヘ・サエンスが決めたゴールが決勝点となり、1対0とホームチームが勝利を収めた。テネリフェは夢の実現にあとひとつと迫った。

 プレーオフ準決勝第2戦のゴールに続いて、再び柴崎がテネリフェファンに大きな喜びを与えた。

 34分の右CK。柴崎の右足から放たれたボールはきれいな弧を描き、ヘタフェDFの間にいたホルヘ・サエンスへと届く。U−19スペイン代表にも選出されたテネリフェ生え抜きの20歳がこれを頭で合わせる。ボールがネットを揺らすやいなや、スタジアムは3日前と同様に歓喜の雄叫びを上げた。

 大歓声が響き渡る中、値千金の得点を決めたCBは柴崎のもとへ走り、日本人MFと抱擁をかわした。そこに次々とチームメイトが集まり、ピッチに咲いた小さな白い花から喜びが溢れ出した。

「とてもいいボールだったね。自分はただ合わせるだけでよかった。あのゴールの半分はいいボールを上げてくれたガクのものだよ」

この記事の続きを読む

1