【月報・青学陸上部】新キャプテン吉永の苦悩。就活、不調、監督と衝突...

■極私的! 月報・青学陸上部 第36回

 日本学生陸上競技個人選手権大会――。

 会場であるBMWスタジアム平塚内は、ザワついていた。

 男子100mの予選で多田修平(関西学院大)が追い風参考記録ながら9秒94のタイムを出し、日本人で桐生祥秀(東洋大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)についで3人目となる9秒台を記録したのだ。

 その興奮の余韻が競技場内には残っていた。

 青学の待機場所近くのスタンドには安藤弘敏コーチがひとりで座り、競技を見ていた。17時から始まる5000mに青学は34名の選手がエントリーしており、選手はそれぞれアップを始めているが、競技までにはまだ時間があった。

「今日は4年生に頑張ってほしいね。中村兄(祐紀)が戻ってきているし、今日のレースは優勝争いするんじゃないかな。(暑さが苦手の)田村(和希)も、エースだから暑い中でもしっかり走ってほしい。キャプテン? 吉永(竜聖)は、まだまだだなぁ。練習でも少し離れてしまうし、腰の違和感が出たり出なかったりしている。なかなか戻らないのでちょっと心配。4年生の調子が上がらないので、このままじゃ......という危機感はありますよ。3年生がよくカバーしてくれていますけど、やっぱり4年生が元気よくないとね」

 安藤コーチの表情が曇る。

この記事の続きを読む

1