「モレルは打てる」。田口壮二軍監督がそう信じた米教育リーグの教訓

 あれから15年経った今だからこそ、田口壮(オリックス二軍監督)はようやく真相を明かせるようになった。

「行けと言われたから行ったんですけど、あれがなかったら、その次の年は間違いなくなかったと思います」

 田口の言う「あれ」とは、秋にアリゾナ州で開催される教育リーグのことで、おもに18〜22歳のマイナー選手が対象になっている。その教育リーグに、渡米1年目のシーズン途中、32歳の田口は行くように命じられたのだ。

「教育リーグに参加している選手の平均年齢は21〜22歳ぐらいでしょう。彼らに交じって、32歳のおっちゃんが行くというのは、嫌でしたね。ただ、絶対に行かないとあかんと思っていました。恥ずかしいですけど......」

 2002年の1月、セントルイス・カージナルスと3年契約を結んだ田口は、イチロー、新庄剛志に次いでメジャー3人目の日本人野手となった。同年、初のメジャーキャンプに臨んだ田口は必死にアピールしようとしたが、最初の15打席はノーヒット。結果的に打率.146という成績でオープン戦を終えると、開幕前にまさかのマイナー行きを宣告された。

「僕はアメリカに行って、まず打てなかった。まったく打球が上がらず、なんとかしなきゃいけないと感じていました。バッティングの形ができ上がるまで、時間がかかるんです。3月の終わりに落とされて、4月からまったく打ち方を変えて......。それから4カ月ぐらい経って、少しずつ結果が出るようになりました。教育リーグのときはバッティングの形は完成していたのですが、やはり外国人投手との対戦が圧倒的に少ないわけです。打席数をこなさないと向こうの投手に慣れないんです。シーズンが終わって、2カ月ほど教育リーグでプレーしましたが、その経験があったからこそ、なんとなく打ち方がわかってきたんです。行ったことは正解でした」

この記事の続きを読む

1