桑原、糸原ほか、金本タイガースを支える「想定外」のプレーヤーたち

 昨シーズン、「超変革」をスローガンに掲げながら4位に終わった阪神タイガースは、FAで糸井嘉男が加入したことで打線に厚みが増した。リーグトップの7勝を挙げているメッセンジャー、リーグ最多の20セーブをマークしているドリスなど好調な投手陣が12球団トップとなるチーム防御率をキープし、首位のカープを追いかけている。

 しかし、よくよく見ると、好調タイガースを支えるのはベテラン、外国人ばかりじゃない。昨年までの実績からすれば、「想定以上」の活躍を見せている選手たちがたくさんいる。そんな"上げ潮"プレーヤーたちの魅力と課題を、阪神OBの藪恵壹氏に聞いてみた。 
──開幕から不調が続く藤浪晋太郎に代わってローテーションを支えているのが、プロ8年目の秋山拓巳です。交流戦で3勝を挙げ、今シーズンはすでに6勝をマークしています。秋山のブレイクは予想していましたか。

藪 彼は期待通りの活躍ですね。昨年は1勝でしたが、二軍ではいいピッチングをしていました。ですから、このくらい投げても驚きません。秋山がよくなったのは、踏み出した左足にグッと体重が乗るようになったところ。スピード表示は140キロそこそこですが、バッターはみんな差し込まれています。初球からストライクが取れて、ピッチャー優位の投球ができるのが彼の強みです。今年はピンチでバタつくことなく、落ち着いたピッチングができています。

この記事の続きを読む

1