大迫傑「1年ぶりの1万mですけど」圧勝。長距離界で図抜けた存在に

 大迫傑(Nike ORPJT)の強さが半端ない。

 第101回日本陸上選手権大会、1万m決勝を28分35秒47で駆け抜け、見事優勝。これで大会2連覇を達成した。

 レースは、最初の1000mが2分55秒とスローペースの展開になり、以降もその流れがつづいた。大迫はスタートから4、5番手をキープ。先頭についていきながらも無理せず、来るべきタイミングを待って走っていた。

 中盤を過ぎてもペースは上がらない。

 昨年、初めて優勝した時、大迫は「日本選手権はタイムではなく、勝負に徹する」と語ったが、今回もタイムは度外視して勝負に懸けている感じだ。

 7000mを超えると一瞬、設楽悠汰(Honda)がスピードを上げ、勝負を仕掛けてきた。設楽は今年の東京マラソンでも序盤から自ら引っ張る積極的なレースを見せたが、その姿勢を長居でも見せた。

 しかし、大迫は落ちずについていく。8800mになると、レースが大きく動いた。

 市田孝(旭化成)がスパートしたのだ。遅れずに上野裕一郎(DeNA)、大迫がつづく。3人はぐんぐんスピードを上げながら後続を引き離し、3人だけのドッグファイトを展開した。

 9200m、残り2周になると今度は上野が先行し、大迫が追う。スタンドが沸く。

この記事の続きを読む

1