1部の夢かなわず。テネリフェ柴崎岳は悲しみのなか無言で姿を消した

 コリセウム・アルフォンソ・ペレスで行なわれたリーガエスパニョーラ・プリメーラ(1部)昇格プレーオフ決勝第2戦、ヘタフェ対テネリフェは、パチェコの2得点などで3対1とホームチームのヘタフェが勝利し、2戦合計を3対2としたヘタフェが1年ぶりのプリメーラ復帰を決めた。

 テネリフェの日本人MF柴崎岳はこの試合でロサーノのゴールをアシスト。プレーオフ3試合連続でゴールに絡むパフォーマンスを見せたものの、個人、そしてチームとしての目標だったプリメーラ昇格を決めることはできなかった。

 ミックスゾーンのある記者室。取材に応じるために姿を見せたDFエルナンに寄り添いながら、テネリフェの地元記者は溢れてくる涙を抑えることができず、肩を震わせながら嗚咽していた。その部屋の外、スタジアムに設置されたスピーカーからは、プリメーラ昇格を決めた英雄たちの名前が誇らしげに告げられ、大きな歓声がマドリード郊外の街の市営スタジアムを包む夜空に消えていった。

 この日、スペインの首都マドリードには300人を超えるテネリフェサポーターたちが駆けつけていた。

 テネリフェは序盤に2点を奪われたが、17分、アイトール・サンスの縦パスから、柴崎が体勢を崩しながらもダイレクトで中へラストパスを送り出すと、そこにロサーノが飛び込みネットを揺らす。

この記事の続きを読む

1