36歳で緊急フル出場。トンプソン ルークの代表引退はもったいない

「SOS」の信号に、ワールドカップ出場3回の36歳が気を吐いた。

 6月24日、2019年ラグビーワールドカップの開幕戦の舞台である「東京・味の素スタジアム」で、日本代表(世界ランキング11位)は3年後の本大会で同組に入ったアイルランド代表(同3位)とテストマッチ第2戦に臨んだ。

 先週17日に行なわれた1試合目は、ボールを持っていない状況で気持ちの入っていないプレーが目立ち、22−55と大敗。「貪欲に死にものぐるいになって勝つ気持ちが足らなかった」と、日本代表の指揮官であるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)を落胆させた。

 しかし、2試合目は開始早々から気迫をむき出しにして、グラウンドを駆け回った。13−35で敗れはしたものの、プレーぶりはまさに「ブレイブブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)」の愛称どおり。なかでも、先頭に立ってその姿勢をもっとも体現していたのは、LO(ロック)トンプソン ルークだった。

 身長196cmの体躯を誇るニュージーランド出身のトンプソンは、関西弁を流暢に話すことでも知られるロックの選手だ。2015年のワールドカップでは4試合ともフル出場を果たし、ラインアウトやキックオフといった空中戦や接点など身体を張るプレーで南アフリカ代表戦の勝利にも大きく貢献した。しかし、同大会を3勝1敗で終えたアメリカ代表戦の直後、トンプソンは代表引退を宣言する。

この記事の続きを読む

1