3連敗で「非常ベルが鳴る」浦和レッズ。プレー回路がガタつき始めた

 Jリーグ第16節、サガン鳥栖の本拠地に乗り込んだ浦和レッズは、2−1とあえなく敗れている。これでリーグ戦3連敗。順位は9位に転落した。

「ヨーロッパだったら、浦和のようなビッグクラブが3連敗した場合、『監督交代』に関しての質問がある。皆さんは遠慮されているのだろう。浦和はサポーターも多く、期待されているだけに、結果に関しての責任は全て私にある」

 試合後の記者会見で、浦和の指揮官ミハイロ・ペトロビッチは自嘲気味に語った。

 もっとも、解任の気配は立ち上っていない。その理由は、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で準々決勝に進出していることがあるだろう。また、年間勝ち点1位だった昨シーズンも、6月はリーグ戦3連敗を経験。ACLの消耗が国内リーグに出ている、という点では情状酌量の余地がある。

「コンディションの問題があった」

 ペトロビッチ監督も過去の試合、しばしばマネジメントの難しさを口にしてきた。

 しかし、それにしても今シーズンの浦和は安定感を欠いている。6−1、7−0という大勝した試合がある一方、3−3という大味な試合を演じ、完封した試合は16試合中たった2試合。優勝争いを考えると、緊急事態に近い。

この記事の続きを読む

1