38歳ロッシが19戦ぶりの歓喜。0.063秒差でダッチTTを制す

「ロードレースの大聖堂(Cathedral of Speed)」で10勝目。バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が今季初勝利で、会場を埋めたファンを大いに沸かせた。

「ダッチTT」の通称で知られるオランダGPは、1949年のロードレース世界選手権初年度から現在に至るまで、途切れることなく連綿と毎年レースカレンダーに組み込まれている唯一の大会である。さらに、会場のTTサーキット・アッセンで行なうダッチTTとしての歴史はさらに長く、第1回の開催は1925年にさかのぼる。まさに歴史と伝統に裏打ちされた由緒あるレースだ。

 ロッシがそこで初優勝を遂げたのは125cc時代の1997年。翌1998年には250ccで優勝。その後、最高峰クラスに昇格してからは2002、2004、2005、2007、2009、2013、2015の各年に勝利を挙げ、今年で10回目となった。アッセンの歴史に名を残すライダーであることは間違いないが、38歳の現役最年長となった今でもスーパースターとしての人気が衰える気配はいっこうになく、今年も大勢のファンが会場を埋め尽くした。ロッシ自身、レースで勝つのは昨年の第7戦・カタルーニャGP以来19戦ぶりだから、喜びも一入(ひとしお)だ。

 表彰式を終えたロッシは、その後に行なわれたプレスカンファレンスの会場で「1時間前の素晴らしい余韻が残っている」と充ち足りた表情をうかべ、「レース後の5〜6時間後まで続くこの余韻を味わうために、レースを戦っているんだ」と述べた。

この記事の続きを読む

1