NBA事件簿。キャブスのファイナル完敗は、 あの凶運セレブのせい?

NBA10大「B級」ニュース@前編

 ゴールデンステート・ウォリアーズの優勝で幕を閉じた2016−2017シーズン。ファイナルを観た多くのファンは、彼らの圧倒的な強さに驚愕したことだろう。ただ、NBAの魅力はプレーだけではない。コート内外で盛り上げてくれた「B級」な話題にもスポットを当ててみよう。

(1)ファイナル史上最高記録を更新。ついに「神様」を抜いた!

 クリーブランド・キャバリアーズを4勝1敗で退け、ウォリアーズが2年ぶり4度目の優勝を飾った今年のNBAファイナル。その熱狂ぶりは、ついにあの「神様」マイケル・ジョーダンも超えた。

 何を超えたかといえば、それはNBAファイナルの視聴率。ジョーダンがシカゴ・ブルズで2度目のスリーピート(3連覇)を達成した1998年を頂点に、近年のファイナルの視聴率は低迷していたが、今季最終戦となった第5戦は平均視聴者数2500万3000人を記録したのである。瞬間最高視聴者数に及んでは、なんと2952万5000人まで到達。さらに視聴率も16.0%をマークし、視聴者数・視聴率ともに1998年のファイナルを上回って過去最高の数字を叩き出した。

 たしかに「ウォリアーズvs.キャブス」という組み合わせは、現在のNBAで考え得る最高のカードだ。今季のジャージーの売上ランキングは、1位がステファン・カリー(ウォリアーズ/PG)、2位がレブロン・ジェームズ(キャブス/SF)、そして3位がケビン・デュラント(ウォリアーズ/SF)。両チーム合わせて7人ものオールスター選手が共演するファイナルだったのだから、ファンの関心が高かったのも当然かもしれない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

この記事の続きを読む

1