あの長身バレー選手の息子、202cmの大竹壱青がビッグなデビュー

 全日本男子バレーボールチームが参加した、ワールドリーグ2017グループ2の戦いが終わった。中垣内祐一新監督が異例の途中合流となった大会だったが、全日本男子は予選ラウンドを4位で抜けてファイナル4に進出。アウェーでの試合となったオーストラリアとの準決勝をフルセットで勝ち切り、決勝ではスロベニアに完敗したものの、グループ2準優勝を手にした。

 昨年のワールドリーグは、オリンピック世界最終予選の敗退直後でモチベーションを上げるのが難しかったとはいえ、ホームで2勝した以外は全敗。グループ2の12チーム中11位に沈み、グループ3との入れ替え戦に回りかねない状況だった。それを考えれば、今大会の準優勝は「ガイチジャパン」の第一歩として十分すぎるほどの結果だった言えよう。

 今大会で最も際立つ働きをしたのは、6月からプロに転向し、ドイツブンデスリーガへの移籍を発表した柳田将洋だ。グループ2の中で、ベストサーバー1位、ベストスパイカーは2位(準決勝のオーストラリア戦で、スパイクで10得点したはずが帳票上では0得点と誤記されたため、本来ならベストスパイカーもトップだった)を獲得。苦手としてきたレセプション(サーブレシーブ)でも7位と、数字だけ見ても活躍の度合いが分かる。今大会では、控えに回った主将の深津英臣に代わり、コートキャプテンとしてチームを鼓舞する姿も頼もしかった。

この記事の続きを読む

1