世界陸上でメダル期待のリレー。現時点での「走順予想」はこうなる

 日本陸上選手権大会が終了した翌日の6月26日。日本陸上競技連盟は、すでに発表されている8月の世界陸上(ロンドン)男女マラソンと競歩の代表に加え、トラック&フィールドの代表19名を発表した。

 その中でもメダル獲得有望種目である男子4×100mリレーは、100mと200mで代表権を獲得したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、彗星のごとく現れた多田修平(関西学院大)、リオ五輪のリレーメンバーだった、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、飯塚翔太(ミズノ)に加え、100m4位の桐生祥秀(東洋大)と200m2位の藤光謙司(ゼンリン)がリレー要員として選出された。

 伊東浩司強化委員長は「桐生は、日本選手権の結果は個人種目の代表には該当しないですが、選考大会のひとつである織田記念で優勝しているだけでなく、今季は安定して参加標準を突破していることを考慮した。また、藤光はまだ参加標準記録は突破していないものの、7月9日に行なわれる南部忠平記念陸上で標準を突破すれば(200mで)個人の代表になる可能性を残している。これまでもリレーでは、様々な走順を経験している上、14年アジア大会では4×400mリレーに出場している実績もあり、場合によってはマイルリレーも走れる選手ということで選んだ」と、この選考について説明した。

この記事の続きを読む

1