【木村和久連載】タイガー・ウッズ逮捕に思う、飛距離志向にはご用心

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第111回
 我々の世代にとっては"ゴルフの神様"であるタイガー・ウッズ(41歳/アメリカ)が、車の中で寝ていたとかで職務質問を受けて逮捕されました。その際、ウッズの目はうつろで、足もともおぼつかない状態になっていて、「これは薬物か!? アルコールか!?」なんて、大騒ぎになりました。

 結果的には、アルコールも薬物も検出されず、大事には至らなかったので、少しホッとしております。それにしても、ウッズのだいぶやつれて、覇気のない姿には驚きを隠せませんでした。

 なんで、ウッズはこんなふうになってしまったのでしょうか?

 そもそも、セックス依存症になって、奥さんにアイアンでボコボコにされたから......って、そこですか? 思い返せば、そういう話もありましたなぁ。

 そんなプライベートのはしゃぎすぎもスランプの一因でしょうが、何度も手術を重ねるなど、もはや体がボロボロになってしまったのが致命的なように思います。まるで整形手術をやりすぎた、マイケル・ジャクソンのようです。

 全盛時のウッズの、神がかったミラクルショットは、相当無理をして、体に負担をかけまくって打っていたのです。そのツケが今、回ってきているのでしょう。

 あんなに頑丈に見える、一流のプロですら、体を痛める。いや、一流のアスリートだからこそ、体の限界にまで挑んでしまうのかも......。石川遼選手も腰痛で悩んでいるようだし、帝王ジャック・ニクラウスにしても腰が悪くて車に長時間乗れないので、日本に来たときはヘリコプターで各地を移動していたらしいです。

この記事の続きを読む

1