ジュニア準優勝から10年。土居美咲が思い出のウインブルドンを語る

 ウインブルドン開幕を数日後に控えたある日......。会場近くのレストランで『ニューヨーク・タイムズ』紙の記者と食事をしていたとき、偶然、土居美咲に遭遇した。髪をおろし、私服に身を包んだ彼女はあまりに"普通の女の子"の佇(たたず)まいだが、『ニューヨーク・タイムズ』の記者氏は土居の姿をすばやく認める。

「彼女の攻撃的なテニス、好きなんだよね。特に2年前の全仏オープンのアナ・イバノビッチ(セルビア/元世界1位。土居との対戦時は7位)との試合はすごく面白かった」

 記者氏はそう述懐すると、159cmの土居がいかに小柄な身体でパワフルなショットを放ち、多くのウイナーを決めたかを熱っぽく語り始めた。

 勝敗やランキングにかかわらず、見る者に心地よい興奮と鮮烈な印象を残す――。それが、土居美咲のテニスだ。

 ただ、爽快にして豪快なプレースタイルは、ミスのリスクと表裏でもある。今季は開幕から「感覚がよくない」状態に悩まされ、勝ち星に見放される時期が続いた。そのスランプから抜け出し、5月上旬には世界10位のマディソン・キーズ(アメリカ)を破るなど快進撃の兆しも見せたが、その矢先に腹筋を痛めてしまう。迎えた5月末の全仏オープンでは、ケガに阻まれ力を出しきれず、初戦敗退後には悔し涙を流しもした。

この記事の続きを読む

1