ツール・ド・フランス開幕。不安の残る王者フルームを襲う3人の刺客

 第104回ツール・ド・フランスがいよいよ7月1日、ドイツのデュッセルドルフで開幕する。全23日間におよぶ世界最大の自転車ロードレースは、総距離3540kmの旅を経て、7月23日にパリ・シャンゼリゼに凱旋。1日ごとの区間勝利を争う戦いと同時進行で、その日までの所要時間が一番少なかった選手が総合成績の首位となり、黄色いジャージー「マイヨ・ジョーヌ」を身につけることが許される。

 ツール・ド・フランスはいわば、このたった1枚しかないマイヨ・ジョーヌをめぐる戦いだ。最終的にパリの表彰台でマイヨ・ジョーヌを手中にした選手が総合王者となる。

 ツール・ド・フランスの特徴のひとつは毎年コースが変わることだが、2017年のコースは山岳の要素が色濃いのが非常に興味深い。序盤戦はドイツ、ベルギー、ルクセンブルクを歴訪し、その後に六角形をしたフランスをジグザグに進み、ヴォージュ、ジュラ、ピレネー、中央山塊、アルプスを縦走する。フランスの5大山系すべてを登るのは、1992年以来のことだという。

 国際ルールで定められた休息2日をのぞくと、行程は全21区間。その内訳は平坦=9、丘陵=5、山岳=5、個人タイムトライアル=2。タイム差のつきやすい頂上ゴールは、第5ステージのラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ、第12ステージのペラギュード、第18ステージのイゾアールの3つだ。

この記事の続きを読む

1