川口能活・41歳に、「いま自分がJ3相模原にいる理由」を聞く

 目もとに刻まれた皺(しわ)は、いやでも目立つようになった。それがまた、歩んできたキャリアの濃さを映し出し、人間としての深みをも感じさせる。8月で42歳になる川口能活は、J3のSC相模原に加入して2年目を迎えている。

「キャンプのときに少し負傷したこともあって、なかなかコンディションが上がらなかったんですけど、自分に出番がないなかでも、いつでも試合に出られるように準備はしていました」

 開幕からベンチを温める日々が続いていた川口に、チャンスが訪れたのは5月28日のJ3第10節、栃木SC戦だった。それまで正GKを務めていた藤吉皆二朗が負傷したことで、急遽、出場機会は巡ってきた。

 川口は今季リーグ戦初出場となったその試合で、1−0の完封勝利に貢献する。昨シーズン残り3試合で守護神の座を明け渡してから――オフをはさんだとはいえ――7ヵ月の月日が流れていた。

「ケガでというのはありましたけど、それ以外ではこれだけ長い間、出番がなかったことはありませんでしたね」と、川口は振り返る。

 J1はもちろん、欧州でのプレー経験もある。日本代表でも長きにわたってゴールマウスを守ってきた。キャリアの晩年を迎えているとはいえ、それだけの実績がありながら、ピッチに立てないもどかしさと、川口はどう向き合ってきたのか。その質問をぶつけると、彼はこう答えた。

この記事の続きを読む

1