八村塁も参戦!18年ぶりのバスケU19W杯で日本が世界の壁に挑む

 7月1日よりエジプトのカイロでバスケットボールの男子U19(19歳以下)ワールドカップが開催される。昨年のアジア選手権で準優勝となって出場権を得た日本は、この世代では歴代最強ともいえる個性あふれるメンバーを揃え、昨年10月から月1回の合宿をこなして準備を進めてきた。期待がかかる今大会と日本代表のチーム事情を紹介する。

 日本の出場はなんと18年ぶり。18年前といえば1999年、田臥勇太(現 栃木ブレックス)を擁して出場して以来となる。1998年にはフル代表が31年ぶりに世界選手権(現ワールドカップ)に出場を果たしているが、この1998〜1999年を境に、日本はフル代表も、アンダーカテゴリーも世界の舞台に出場することが難しくなっている。

 2002年には、これまた田臥世代がヤングメン世界選手権(U21ワールドカップ、現在は廃止)に出場し、2006年にはフル代表が世界選手権(現ワールドカップ)に出ているが、どちらも自国開催のホスト国としての参戦だった。近年、日本がアジアを勝ち抜いて世界レベルに進出したのは、3年前の2014年に出場したU17世界選手権と、フル代表が昨年出場したオリンピック世界最終予選のみ。日本がどれだけ長い間アジアの壁を越えられず、世界から取り残されていたかがわかるだろう。

この記事の続きを読む

1