東京パラ、そして別次元へ。パラサイクリングの藤田征樹が目指すもの

 6月、埼玉県の利根川上流域を会場とした「全日本学生選手権 第29回 全日本学生個人ロードタイムトライアル自転車競技大会」にひとりのパラリンピアンが参戦していた。

 藤田征樹(日立建機株式会社/チームチェブロ)だ。藤田は義足を活用した日本人として全競技を通じて初めてパラリンピックでメダルを獲得した選手である。北京、ロンドン、リオとパラリンピックの大舞台を経験し、3大会連続でメダルを勝ち取っている(北京/1000mタイムトライアル(TT)で銀メダル、3km個人追い抜きで銀、ロードTTで銅。ロンドン/ロードTTで銅、リオ/ロードTTで銀)。

 ただ、パラリンピックでは銀、銅と素晴らしい成績を上げているものの、金メダル獲得までには至っていない。以前、他のメディアに「勝ち(金メダル)以外は負け」と語った藤田は、自転車がチャンピオンスポーツであるがゆえ、2番手(銀)、3番手(銅)では負けになるのだとシビアな見解を話してくれた。

「勝つ」つもりで臨んだリオは、誇るべき結果ではあったものの2番手に終わった。その状況で、次の2020東京への挑戦はあるのか――。そして、まだ手にしていないメダル、"金"へのこだわりとは――。いま、最も気になることを藤田征樹に聞いた。

この記事の続きを読む

1