体さえ持てば......錦織圭にウインブルドンのベスト8が見えてくる

 錦織圭は3年連続で、フィジカル問題を抱えてのウインブルドン入りとなった。

 6月22 日に、前哨戦のATPハレ大会2回戦で、腰を痛めて試合を途中棄権していた。突発的なケガの原因について「わからない」と、錦織は釈然としない表情を見せた。

 実はハレでは3年連続の棄権だった。2015年大会では、準々決勝で左ふくらはぎを痛めて棄権。2016年大会では、1回戦で左わき腹の腹筋を痛めて2回戦を棄権した。

 今年の棄権後、しばらく動けなかったという錦織は回復に努め、練習を再開したのは6月27日から。ゆっくり調整してきたが、幸い今のところ痛みによって動きが鈍るということはなく、テニスのプレー内容は決して悪くない。

「ほぼ治ってきている。多少の不安はもちろんありますけど、大丈夫だと思います」と、錦織は実戦に耐え得るプレーレベルであることを強調した。

 現地での練習を見守ったマイケル・チャンコーチが「よくなってきているので、あと数日で準備は整うと思う。フィジカルはとてもいい方向に向かっている」と語れば、ダンテ・ボッティーニコーチも「1時間の練習でも問題なかったので、あとは試合でもフルでプレーできるといいね」と1回戦に間に合うことを確信していた。

 ただし、錦織が背中から腰にかけてテーピングをしてのプレーであったことは指摘しておかなければならない。グラス(天然芝)コートでの試合では、プレー中にアクシデントで足が滑って転倒してしまうことがよくあるが、錦織は細心の注意を払って、突発的な痛みを再発させないようにしなければならない。

この記事の続きを読む

1