ロードカナロア初年度産駒、トゥザフロンティアは「距離も持ちそう」

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第6回:トゥザフロンティア
 近年の日本競馬界における「スピードスター」と言えば、やはりロードカナロアだろう。2010年〜2013年に現役生活を送った同馬は、1600m以下のGIレースを6つも勝っている。

 特に圧巻だったのは、香港で獲得したふたつのGIタイトルだ。

 香港は「スプリント王国」と言われるほど、短距離のレベルが非常に高い国。これまで、ビリーヴ、カルストンライトオ、ローレルゲレイロ、カレンチャンなど、日本を代表する名スプリンターが次々に挑戦してきたものの、ほとんどが惨敗を喫してきた。

 そんな"王国"の壁を破ったのが、ロードカナロアだった。2012年のGIスプリンターズS(中山・芝1200m)を勝って初のGI制覇を果たすと、その後、年末の香港スプリント(香港・芝1200m)に参戦。日本馬として初めて優勝したのである。

 さらに衝撃を与えたのは翌2013年、スプリンターズSで連覇を遂げたあと、再び挑んだ香港スプリントでのことだ。引退レースとなったこの舞台で、2着に5馬身差をつける圧勝劇を披露。見事な連覇を決めて、有終の美を飾ったのだ。その強さには香港の競馬関係者も脱帽だった。

 そんなスプリント界の歴史を変えた名馬が今年、新種牡馬として初の産駒を世に送り込む。なかでも注目されているのが、トゥザフロンティア(牡2歳/父ロードカナロア)である。

この記事の続きを読む

1