F・マリノス5連勝。「辛抱して刺す」リアクションサッカーがハマる

 最初は勝ちながらも半信半疑だった。しかし、勝つたびに確信を深めていく。それは自信となって、チームを後押しした。サッカーはつくづくメンタルスポーツだ。

「戦い方がはっきりとしてきた」

 横浜F・マリノスの主将、齋藤学は試合後にそう明かしている。

 J1リーグ第17節。横浜は大宮アルディージャの本拠地に乗り込み、1−2と勝利を収めた。前半戦の折り返しで5連勝。順位は暫定で4位に上がり、首位も視野に入っている。

 では、横浜はどんな勝利パターンを身につけたのか?

 大宮戦の横浜は序盤、相手にペースを握られている。

 大宮は1トップの江坂任が巧みなポストワークで、MFと上下にスライド。ギャップでボールを受けては両サイドにボールを弾く。前線のプレーメーカーとして、抜群の能力の高さを見せた。チームとしてボールゲームを掲げ、プレスにもパワーをかけ、終始主導権を握ろうとするスタイルで、ぎゅうぎゅうと横浜をねじ込んだ。

 しかし、前半15分を過ぎると互角の展開になる。

「難しいゲームになると予想していました。マリノスとしては組織を作り、辛抱強くプレーするのが大事でした。前半は相手がプレッシャーを掛けてくるだろうから、慌てずプレーしようと。(それをしのいでからは)ボールを持って、ラインを下げさせられました」(横浜のエリック・モンバエルツ監督)

この記事の続きを読む

1