五郎丸歩の美しいシナリオ。ヤマハ初優勝の先にはW杯が待っている

 試合に出たくて「ウズウズしている」。それが世間を沸かせた「15番」の本心だった。

 7月3日、日本ラグビー界を代表するスター選手であるFB(フルバック)五郎丸歩が静岡・磐田市のヤマハスタジアムで行なった会見でのひと言。オーストラリアとフランスでの海外挑戦を終え、2シーズンぶりに古巣・ヤマハ発動機ジュビロに復帰するにあたり、五郎丸はチームのトップリーグ初優勝だけでなく、ふたたび「桜のジャージー」を狙う意欲も見せた。

 五郎丸といえば、ラグビー日本代表の前指揮官であるエディー・ジョーンズ(現イングランド代表監督)体制の4年間、副将として57試合中52試合に出場するなど、常にチームを支え続けた「大黒柱」だ。2015年のワールドカップでは歴史的3勝を挙げた立役者のひとりで、ワールドカップ終了後は「五郎丸ポーズ」と呼ばれた忍者のように両手を身体の前で合わせる独特な構えや、キック時に毎回行なう動作「ルーティン」が話題を呼び、ラグビーブームの火つけ役となった。

 時の人となった五郎丸は、2015年シーズンの国内リーグを終えると、2016年はスーパーラグビーにレッズ(オーストラリア)の一員として参戦。さらに2016年シーズンは、フランス1部リーグ「TOP14」の強豪で世界各国のスター選手を集めた「ラグビー界の銀河系軍団」トゥーロンに移籍を果たす。しかし、言葉の壁やライバルとのポジション争いの前に、オーストラリアでは15試合中8試合(うち先発3試合)、そしてフランスでは36試合中5試合(うち先発4試合)の出場に終わった。

この記事の続きを読む

1