フェデラーにも祝福された杉田祐一。ウインブルドン初勝利で進撃続く

 勝利を決めた瞬間、杉田祐一はよく見せる大きなガッツポーズもせず、甲高い声の雄叫びもなく、勝利を噛みしめるように控えめにガッツポーズをつくっただけだった――。

 杉田(ATPランキング44位、7月3日付け)が、ウインブルドン1回戦で、ワイルドカードで出場のブライダン・クレイン(イギリス、232位)を7−6(5)、6−3、6−0で破り、3回目のウインブルドンで本戦初勝利を見事つかんだ。同時にこれがグランドスラムでの初勝利ともなった。

「意外に冷静というか、非常に嬉しいことは嬉しいんですけど、もっと自分自身いけると今はすごく自信があるので、まだまだここでは終われないという気持ちが強い」

 1回戦のプレーの中で、杉田が一番気を使ったのはリターンだった。

「先週のトルコはすごい速いコートだったけど、今大会は芝がしっかりかむコートなので非常に遅い。それを徐々に修正できた。ファーストセットを取られていたらフィジカル的にきつかったと思うけど、しっかりと取れたので、気持ち的にかなり余裕がでました」

 杉田は2014年ウインブルドンで、グランドスラムの予選を18回目の挑戦で初めて勝ち上がり、本戦入りを決めた。「何度も予選で弾き飛ばされた」と振り返る杉田は、これまでグランドスラムの予選では25回も負けている。だが、グランドスラム本戦は5回目の挑戦で、初勝利をつかみ取った。

この記事の続きを読む

1