七夕賞で人気のゼーヴィントは、ここを勝って秋の大舞台を狙える器か

 本格的な夏競馬シーズンが到来。今週は『サマー2000シリーズ(※)』の初戦、GIII七夕賞(7月9日/福島・芝2000m)が行なわれる。
※夏競馬を盛り上げるために2006年から行なわれている重賞のシリーズ戦。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にした『サマースプリントシリーズ』をはじめ、芝マイル戦の『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦の『サマー2000シリーズ』がある。

 注目されるのは、マルターズアポジー(牡5歳)やマイネルフロスト(牡6歳)といった重賞経験が豊富で、なおかつ福島で好成績を残している面々だが、それ以上に人気を集めそうなのが、ゼーヴィント(牡4歳)である。

 まだ底を見せておらず、これまでに重賞は4度走って1勝、2着3回とパーフェクト連対。昨秋のGIIセントライト記念(中山・芝2200m)では、皐月賞馬ディーマジェスティと僅差の2着という好勝負を演じている。しかも唯一の重賞勝ちが、昨年のGIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)と福島での実績があるため、その魅力をさらに高めている。

この記事の続きを読む

1