【木村和久連載】猛暑も嫌なヤツも、都合よく解釈すればゴルフは楽しい

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第112回

 ゴルフって、気の持ちようで状況がいかようにも変化するスポーツと言えます。

 昔、芹澤信雄プロが「ティーショットでチョロしたときは、先にアプローチしたと思えばいい」とテレビで言っていました。これは、名言ですよね。

 同様のことを考えてみると、今の時分は蒸し暑い日が続きますが、こういうときは関東にいながら「沖縄に来たんだぁ〜」と思えばいいのです。さらに暑くなったら、「バリ島でゴルフをしている」と思えば、すごく楽しいじゃないですか。炎天下の埼玉県と思うからいけないわけで、昔行ったバリ島でのゴルフもこんな感じだったな、と思い出しましょう。

 となれば、冬の寒い時期は手がかじかんでしょうがない。そういうときは、「スコットランドに来てゴルフをしている」と思えば、飛行機代が浮いて楽しいですよ。雑草だらけの河川敷でプレーするときなんかは、「小樽カントリー倶楽部の旧コースに来た」と思うと、俄然目の前の景色が変わって見えます。

 実際、小樽CCの旧コースでラウンドしたことがありますけど、関東圏の河川敷コースの空も、どんよりと曇った日なんて、まさに小樽の空そのもの。クローバーの雑草もいとおしく感じます。

この記事の続きを読む

1