広島・森保監督の退任に思う。クラブはビジョンを見失っていないか

 蝕(むしば)まれるように、不振の兆候は少しずつ、少しずつ見られていた。指揮官はその流れに抗(あらが)おうとしてきたが、チームを率いて6年目となった今季、大きく狂った歯車をもとに戻すことはできなかった。

 7月4日、サンフレッチェ広島は森保一監督の退任を発表した。シーズンの折り返しに当たる17試合を終えて、2勝4分11敗の17位。降格圏に苦しむ現状を考えれば、クラブに3度のJ1優勝をもたらした功労者とはいえ、やむを得ない決断だったと言えるだろう。森保監督はクラブを通じて、こうコメントを残している。

「プロは結果がすべての世界。皆さまに喜んでいただけるような結果を残すことができず、申し訳ありません」

 常々「批判されるのは選手ではなく、監督である自分」と語っていただけに、今季について触れれば、森保監督自身もその采配がぶれた。シーズン開幕前は、これまで築いてきた最終ラインから丁寧にパスをつないでボールを保持するサッカーからの脱却に着手。前線から積極的なプレスをかけ、高い位置でボールを奪取し、素早く攻撃に転じるサッカーへのバージョンアップを図ろうとした。ところが、開幕戦から勝ち星に見放され、第2節からは4連敗を喫してしまう。

この記事の続きを読む

1