スペイン、ドイツに続く台頭国は?U−21欧州選手権に見る勢力図

 6月30日、U−21ヨーロッパ選手権の決勝が行なわれ、ドイツが1−0でスペインを下した。ドイツは2009年大会以来、2度目の優勝である(大会名はU−21だが、これは予選開始時点で21歳以下のためであり、本大会の出場資格は23歳以下。本稿では大会名に合わせて、当該世代をU−21世代と表記する)。

 決勝で対戦した両国は近年、この大会で好成績を残している。ドイツは2009年大会優勝の他にも、前回2015年大会でベスト4に進出。スペインは2011年、2013年大会で連覇を果たしている。また、両国はこの世代に限らず、U−19やU−16の年代別ヨーロッパ選手権を制するなど、育成年代で成果が目立つ。

 しかも、ドイツ、スペインともに、ただ「育成年代で強い」だけでなく、育成年代での成果をA代表の成果、すなわちW杯優勝につなげたという点でも共通する。世界的に見ても、(U−21世代を育成年代に含めるかどうかはともかく)本当の意味で育成・強化に成功した"2強"と言っていいだろう。

 優勝したドイツは、同時進行的に開かれていたコンフェデレーションズカップでも、若手主体のチームで優勝。場合によってはU−21代表でプレーしていたかもしれない、1994年以降生まれの選手を9名もコンフェデに送り出してなお、ヨーロッパを制してしまうのだから、層の厚さはさすがだ。

この記事の続きを読む

1