カープ新守護神・今村猛。「中継ぎキャプテン」の責任感は変わらない

 9回のマウンドがだいぶ板についてきた。セ・リーグ首位を走る広島だが、開幕から"勝利の方程式"の再編を繰り返すなど、投手のやりくりが安定しない。そのなかで、新たな守護神に定着したのが、今村猛(いまむら・たける)だ。飄々(ひょうひょう)と投げる姿は、持ち場を抑えに代えた今も変わらない。

 昨季34セーブの中崎翔太が、開幕直後の4月10日に右腹部の違和感で戦列を離脱。そこで空席となった抑えのポジションとして白羽の矢が立ったのが、今村だった。

「やることは変わらない。任されたイニングを抑えるだけ」

 チームの勝敗の行方を託されても、これまでと変わらずマウンドに上がる。そして淡々と仕事をこなす。5月19日の中日戦以降、セーブ失敗はなし。また、6月6日の日本ハム戦から無失点投球を続けている。

 入団からここまで、日本代表として2013年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場するなど輝かしい実績を残しながら、チームではスポットライトを浴びる立場ではなかった。

 2009年のドラフト1位で入団してから8年目を迎える。清峰高校(長崎)時代にセンバツで優勝を果たした右腕は、1年目から一軍のマウンドに上がり、先発で2試合に登板。2年目の2011年には4月16日の巨人戦で、先発のジオ・アルバラードの負傷降板で巡ってきた緊急登板の機会にプロ初勝利をマークした。しかし、その後は先発で勝てないまま、6月上旬からは中継ぎに配置転換。以降、今村の居場所はブルペンとなった。

この記事の続きを読む

1