伝説のQBブレイディは超絶ストイック。「寝るときは必ず20.5度」

 スーパーボウル優勝5回。そのうちMVP獲得回数は4回――。その5度目のタイトルは今年2月、最大25点差からの逆転による劇的な形でもたらされた。

 NFLの頂点に君臨するスーパースターQB、トム・ブレイディが契約するアンダーアーマー社のアスリートリカバリースリープウェア「UA TB12」のプロモーション活動によるアジアツアーで来日を果たした。

 ブレイディにとって日本は2度目。1度目の来日は27年前、地元カリフォリニア州サンマテオの野球代表チームの一員として、大阪府豊中市の代表チームとの交流試合で訪れた。今回はわずか2日間という短い滞在時間ながら、日本の高校生や大学生フットボール選手にクリニックを開いて指導を行なったり、大相撲・境川(さかいがわ)部屋に出向いて力士と肌を合わせるなど交流を楽しんだ。

 9月のシーズンインまで日があるからか、来日したブレイディの表情は終始柔和だった。そんな雰囲気のなか、彼の競技にかける思いや、トップ選手であり続けるためのストイックな体調管理の話は、非常に興味深かった。

 NFLの世界でほとんどのことを成し遂げてしまったブレイディ。彼がいまだにモチベーションを高く保つことができているのが、実に不思議だ。

 ファンの間では有名な話だが、ブレイディはいわゆるエリート街道を歩んできた選手ではない。大学は名門ミシガン大に進みつつも、先発として出場する機会は4年間で20試合。今の成功ぶりからすると、意外なほど少なかった。

この記事の続きを読む

1