2002年7月7日。田中将大が生まれ変わった「七夕の敗戦」のこと

 開幕戦の3回途中7失点KOに始まり、5月から6月にかけて5連敗も経験した。なかなか乗り切れなかったシーズン前半、「田中将大に何が起きたのか?」とマスコミも原因探しに躍起になっていた。

 しかし、どれだけ厳しい状況に置かれたとしても、今を次につなげられるのが田中という男である。「勝った、負けた」「好調だ、不調だ」と周囲が論じているときにはもう、田中の意識ははるか先を走り、次なる戦いへの準備に入っている。

 今季も6月23日、ダルビッシュ有とのメジャー初対決で8回を3安打、9奪三振、無失点と、圧巻の投球を見せると、そこから3連勝。周囲の評価をあっさり覆してみせた。

 調子が悪いなかでもなんとか踏みとどまり、持ち直す。田中の内面の強さをあらためて見せつけられた思いがした。ただ、その能力も生まれながらにして持っていたわけではない。では、いつ、どこで、その力を身につけていったのだろうか。

 今年5月1日にNHKで放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』という番組で、当時、駒大苫小牧のエースとして早稲田実の斎藤佑樹(現・日本ハム)と投げ合った2006年夏の甲子園決勝再試合の話になった。その試合、空振り三振で最後のバッターとなった田中は、直後、穏やかな笑みを浮かべていた。その理由について聞かれた田中は、「やっぱり、野球の神様っているのかな」と当時の心境を口にし、こう続けた。

「(あの場面は)ただ、自分のスイングを思い切りして、悔いがないようにやろうってことだけだったので......。それが、あの場面でできたというのが、僕のなかでは成長だったのかな、というふうに思っています」

この記事の続きを読む

1