杉田祐一、惜敗にも充実の夏。次なる目標は「ランキング30位前後」

「ふーっ」と大きく吐き出した息に、3時間32分の熱戦による疲労が、敗戦の悔いが、そしてある種の充足感が、深く込められているようだった。

「第4セットの最初のゲームで、簡単なリターンミスが続いて......。相手もちょっと疲れていたので、あそこで引き離したかったんですが、うまくできずに.........やられちゃいました」

 わずか5日前に酷暑のトルコでATPツアー初タイトルを掴み取り、ウインブルドンでも初勝利を手にした杉田祐一の快進撃は、2回戦で1−6、7−5、6−4、6−7、2−6の死闘の末に、ついに終止符が打たれる。その相手はくしくも、トルコ大会の決勝でタイトルを争った相手であった。

 杉田の疲労の色は、試合開始からほどなくして、誰の目にも明らかになる。

 身体の抑えが効かないのか、決めにいくショットがことごとく、大きくラインを割っていく。対するアドリアン・マナリノ(フランス)は、先の対戦時と同様に自ら攻めるのではなく、巧みにボールをすくい上げ、勢いを殺したボールを左右に打ち分けながら、杉田のミスを誘発した。

「ラリーしながら、自分の身体がうまくフィットしなくて」
「アドレナリンが出てこなかった」

この記事の続きを読む

1