すべてはスペック3の実力次第。第9戦にホンダF1の命運がかかる

「新エンジンは何も変わっていない」

 ホンダが『スペック3』パワーユニットを実戦投入する第9戦・オーストリアGPの開幕を前に、フェルナンド・アロンソがかなり厳しい批判を口にしたと報じられた。母国スペインの『EFE通信』の取材に対して語ったという。

「新しいエンジンを持ち込むのはプレスリリースの見出しに書くためだけだ。でも、実際には何も変わっていない。(前戦の)バクーのフリー走行で試したけど(マクラーレンの2台は)最後尾と後ろから2番目だったじゃないか」

 ところが木曜日にレッドブル・リンクへ姿を見せたアロンソは、一転してホンダをケアするようなコメントに終始した。

「今回の変更は小さなステップアップだ。だけど、どんなステップアップも歓迎だよ。ホンダは3年にわたって厳しいシーズンを過ごしてきたけど、ホンダのみんなが全力で努力してくれているのはわかっているし、日夜進歩もしている。前に進めることを願っているけど、時間がかかることも事実だと思うよ」

 この豹変ぶりには、スペインの記者も「彼はマクラーレンからホンダを追い出したいのか、それとも別の思惑があるのか、何がしたいのかまったくわからない」と首をひねる。

この記事の続きを読む

1