WWEのスター、ジョン・シナが 「レスラーとしての成功」の秘訣を説く

プロレスファンなら知らぬ者はいないWWEのスーパースター、ジョン・シナ。米マサチューセッツ州出身の40歳だ。2002年に25歳でデビューするやいなや、パワーとルックスを兼ね備えたこのルーキーはみるみる人気を博し、2004年には早くもUS王座を戴冠。WWE最大のイベント「レッスルマニア」の常連となり、現在までに世界王者を15度、US王者を5度獲得して、まさにWWEの顔となっている。

 リング上で過激なマイクパフォーマンスを行なう反面、リングを降りれば品行方正に振る舞い、チャリティー活動にも協力を惜しまない。ボディビルで鍛えた肉体美、俳優のような端正な顔立ちで、過去に映画への主演経験もあり、最近ではハリウッド俳優への転身も噂されている。

 世界中から猛者(もさ)が集まるWWEのリングで10年以上にわたり、トップに君臨するあたり逸材には違いないが、そのあまりにプロトタイプな"スター"っぷりに、客席からはブーイングも起こる。しかし、それも本人にとっては子守唄同然なのか、どこ吹く風。「ネバー・ギブアップ(決して諦めない)」の精神を体現する、まさに鋼(はがね)の心臓の持ち主と言えよう。

 そんな完全無欠の男、シナが、世界的シューズメーカー「クロックス」のキャンペーンに参加するということで、インタビューする機会を得た。順調なキャリアの一方で、度重なるケガなど幾度なく見舞われた困難を乗り越えた末に達した、その境地とは?

この記事の続きを読む

1