米国ツアーに対抗する欧州ツアー。 大物・松山英樹の参戦が大ニュースに

WEEKLY TOUR REPORT米ツアー・トピックス

 松山英樹(25歳)と谷原秀人(38歳)が、欧州ツアーのロレックスシリーズのひとつ、ドバイ・デューティーフリー・アイルランドオープン(7月6日〜9日/ポートスチュワートGC/北アイルランド)に臨んでいる。

 昨年から、ロリー・マキロイ(28歳/北アイルランド)が大会ホストを務め、『ロリー・ファウンデーション』が大会を運営。故郷で行なわれるトーナメントとあって、マキロイは大会連覇に意欲を見せている。

 ところで、日本ではまだ馴染みが薄い、ロレックスシリーズとはどんなものなのか。

 それは、欧州ツアーの中で今季から"高額賞金大会"と位置づけられた全8試合のことで、それらの試合の賞金総額は700万ドル(約7億7000万円)以上と欧州ツアーでは破格だ。

 同シリーズは、5月のBMW・PGA選手権(ウェントワースGC/イングランド)から始まり、6月末のHNAフランスオープン(ル・ゴルフナショナル/フランス)、そして今回のアイルランドオープン、以降、アバディーンアセットマネジメント・スコットランドオープン(7月13日〜16日/スコットランド)、イタリア・オープン(10月12日〜15日/イタリア)と続いて、11月のファイナル3戦、トルコ航空オープン(11月2日〜5日/レグナムチャルヤ・リゾート/トルコ)、ネドバンクゴルフチャレンジ(11月9日〜12日/ゲーリー・プレーヤーGC/南アフリカ)、最終戦のDPワールドツアー選手権(11月16日〜19日/ジュメイラGE/UAE)までとなる。

この記事の続きを読む

1