「ユン革命」が実を結ぶセレッソ、戦うチームになってJ1首位奪取

「走れるチームになった」

 対戦した選手たちはそう洩らしている。今シーズンのセレッソ大阪は、確実に変化した。

 今季から新たに就任したユン・ジョンファン監督の指令が徹底されているのだろう。出足の鋭いプレスや球際の粘り強さ。サガン鳥栖で走力と闘争心をベースに戦えるチームを作った韓国人指揮官は、セレッソの選手の意識も変革させつつある。

「自分がこのチームに呼んでもらったのは、ひたむきさというか、愚直に90分間戦えるところだと思っているので。そこは伝えていければいいなと思っています」

 水沼宏太はシーズン開幕直前、セレッソ大阪入団の決意を明かしていた。サガン鳥栖ではユン・ジョンファン監督のもとで主力として戦っているだけに、「ユンイズム」を伝播するのに一役買った。

「セレッソの選手は基本的に真面目だからプレスには行くんです。でも、切り替えのところはまだ緩慢なところがあった。そこはかなり鍛えられている感じがあって、手応えはありますね」

 その予感は現実となりつつある。セレッソはリーグ前半戦を2位で折り返している。上位は混戦模様で、先は見えない。ただ、 昨シーズンはJ2だったチームは瞠目(どうもくに値する戦いを披露している。

この記事の続きを読む

1