オールスター史上初。10年前の「イチロー伝説」を覚えているか?

 現地7月11日、メジャーリーグの第88回オールスターゲームがフロリダ州のマーリンズ・パークで開催されます。今年もシーズン前半戦を盛り上げてくれた超一流プレーヤーたちが集結しますが、時をさかのぼることちょうど10年前の2007年7月10日(日本時間7月11日)、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークにて行なわれた第78回オールスターゲームで、ある日本人選手が歴史に残る快挙を達成しました。そう、イチロー選手が史上初のランニングホームランをやってのけたのです。

 2007年、当時シアトル・マリナーズに所属していたイチロー選手は、メジャー1年目から7年連続7度目のオールスターゲームに選出されました。ファン投票では、ア・リーグの外野手部門3位。2005年の外野手部門4位をのぞき、通算6度目となるファン投票での選出でもありました。

 オールスターゲームを迎えた段階で、イチロー選手はア・リーグ2位の打率.365をマーク。1位はデトロイト・タイガースのマグリオ・オルドネスでした。彼はその年、打率.363で首位打者に輝いています。イチロー選手は5月にア・リーグ新記録となる41連続盗塁成功を記録するなど、オールスターに選ばれるにふさわしい活躍を見せていました。

 シーズン前半戦のマリナーズの順位は、ア・リーグ西地区2位。オールスターに向けて7連勝中と波に乗っていた時期です。ところが7月1日、チームを率いていたマイク・ハーグローブ監督が突如「情熱がなくなった」として契約途中で辞任。その後はベンチコーチのジョン・マクラーレンが指揮を執り、最終的には88勝74敗で4年ぶりに最下位を脱出し、西地区2位でシーズンを終えています。

この記事の続きを読む

1