負ければクビの前例あり。男子バレー中垣内監督が早くも正念場の戦い

 今年度初めての国際大会であるワールドリーグを、中垣内祐一監督の途中合流という異例の形で戦ったバレーボール全日本男子。首尾よくグループ2で準優勝という成績を残し、ひとまずは上々のスタートを切ったが、早くも正念場がやってくる。7月12日から開幕する、世界選手権アジア予選だ。

 前回の2014年大会は、全日本史上初の外国人監督であるゲーリー・サトウ氏が率いて予選を戦い、韓国に完敗して出場権を逸した。本来は「リオデジャネイロ五輪まで」という契約だったにもかかわらず、事態を重く見た日本バレーボール協会はサトウ氏を急遽解任し、南部正司氏へと監督を引き継いだのである。

 1960年に初めて参加して以来、日本の世界選手権出場が途切れたのは初めてのことだった。それだけに、協会は出場権を逃したことを見過ごせなかったわけだが、4年計画で見ていたはずのサトウ氏を解任したことについては、かなり異論もあった。

 中垣内監督も世界選手権出場権を逸した場合、就任当初に"いろいろあった"だけに、「サトウ氏だってクビにしたのだから、解任せよ」という声が出てくることも考えられる。今大会で出場権を獲得できるか否かが、ガイチジャパンにとっての"試金石"となる。

この記事の続きを読む

1