ラグビー日本代表に現れた「女子高生トリオ」はW杯で世界と戦えるか

 17歳の高校3年生トリオが躍動し、ワールドカップに弾みをつけた。

 7月8日(土)、神奈川県・小田原市の城山陸上競技場で、「サクラフィフティーン」こと15人制のラグビー女子日本代表(世界ランキング14位)が、香港代表(同23位)とアジア選手権の1試合目を戦った。この試合は、8月9日にアイルランドで開幕する女子のラグビーワールドカップ(W杯)に向けた、国内最後の試合となった。

 ワールドカップメンバー28名(プラス2名のバックアップメンバー)は30日(日)に発表されるため、15日(土)のアウェーでの試合を含めたこの2試合は、セレクションマッチという位置づけもある。そんな大事な試合に17歳の高校生3名がベンチ入りし、後半途中から出場して58−0の快勝に貢献した。

 実力でメンバー入りを勝ち取ったのは、スクラムハーフ(SH)の津久井萌(東京農業大二高3年)、プロップ(PR)の加藤幸子(中部大春日丘高3年/名古屋レディース)、ロック(LO)の小西想羅(そら/国学院栃木高3年)だ。

この記事の続きを読む

1