記憶に残る名馬――。函館記念といえば思い出す、サッカーボーイ

 GI2勝――と言っても、ひとつは2歳(当時は3歳)限定のGI(※)。決して歴史に刻まれるような輝かしい実績を残しているわけではないが、引退してから30年近く経った今でも、名馬の列に堂々と名を連ねている馬がいる。
※阪神3歳S(阪神・芝1600m)。現在、2歳女王決定戦として行なわれている阪神ジュベナイルフィリーズの前身。かつては牡牝混合戦で、関西所属の3歳(現2歳)馬のチャンピオン決定戦だった。

 サッカーボーイである。

 1987年にデビューして、翌1988年の有馬記念が最後のレースとなった(1989年春に骨折。秋には毎日王冠に登録も脚部不安を発症し、そのまま現役引退)。

 現役生活は実質わずか2年。その間、11戦して6勝。GIは、1987年の阪神3歳Sと、1988年のマイルCS(京都・芝1600m)を制した。

 貴公子然とした尾花栗毛の馬体で、顔のど真ん中にはど派手な流星が輝く。気性は荒々しく、爪に弱点を抱えていた。脚力が並外れていたため、その衝撃をもろに受ける爪が裂蹄(れってい)を起こしやすかったのだ。

 1988年のマイルCS、強烈な末脚を駆使して後続に4馬身差をつけて勝った際、実況の杉本清アナが「これは、恐ろしい馬だ」と絶叫した。今やそれは、なかば伝説的に語られているが、この馬が見せるパフォーマンスは、規格外、常識外なことばかりだった。それゆえ、見る者には「恐ろしい」と感じさせることが多々あった。

 百戦錬磨の杉本アナでさえ「恐ろしい」と舌を巻く存在。ある意味、破壊的でさえあるそのパフォーマンスによって、サッカーボーイは今なお、名馬の列に名を連ねているのだろう。

この記事の続きを読む

1