「ファンID」さえあれば快適。ロシアでサッカー観戦を実践してみた

 通常の時期は、正規のルートを通してロシアを旅するためには、あらかじめ旅程を確定しておき、ホテルの「バウチャー」を入手しなければビザがもらえないため、何かと不便が多くてお金もかかった。しかし、来年のロシア・ワールドカップ期間は「ファンIDカード」の導入によって、比較的自由に安い旅行ができそうだ。

 ファンIDカードとは、観戦チケットを買った人に義務づけられる登録証のこと。6月17日から2週間にわたって開催されたコンフェデレーションズカップ(以下:コンフェデ杯)でも、このシステムが導入された。

 コンフェデ杯のインターネットフォーラムを見ると、開幕1ヵ月前ぐらいからファンIDカードが各国のチケット購入者に届けられた。このファンIDカードがあると、コンフェデ杯開催4都市間の鉄道、そして市内を走るバスなどの公共乗り物が無料になる。また、外国人にとってはこれがビザと同じ効力を持つ。これまでわずらわしかったビザ取得の手間も、ファンIDカード導入のおかげで必要なくなるわけだ。

 何より大きなメリットは、インターネットを使って好き勝手にホテルを予約できること。私の場合、「メディアビザ」というのを取得して今回のコンフェデ杯を取材したわけだが、効力はファンIDカード保持者とほぼ一緒。4名〜8名部屋のドミトリーとはいえ、1泊2000円以下の格安ホステルを泊まり歩くことができたのだから、バウチャーシステムから解放されたのはありがたい。

この記事の続きを読む

1