F1ホンダ、得点0も待望のスペック3は「レースをしている」感あり

 レースは結果がすべて――。チャンピオンシップがポイントによって争われる以上、それは厳然たる事実だ。

 しかし、結果がすべてを語ってくれるわけではない。結果だけを見てすべてを理解することはできない。マクラーレン・ホンダの第9戦・オーストリアGPは12位とリタイアという結果に終わった。しかし、その結果を見るだけでは真実はわからない。

「今日はエンジンが全然遅い!」

 土曜にマシンをドライブしたフェルナンド・アロンソは、エンジニアに向かってそう言った。フリー走行では「ストレート(の速度)を見たか? 信じられないよ!」と言い、予選Q1では「ターン8の出口からパワーがない。トラブルじゃないのか?」とも言った。

 しかしそれは、前日に走ったスペック3から旧型のスペック2へと戻したがために感じたことだった。アロンソ自身は当初「大した違いはない」と語り、スペック3に大きな期待はしていなかったものの、同じサーキットで比べてみれば、それだけ違いがあったというわけだ。

 一般的に、10kW(約13.6馬力)程度の違いというのは、ドライバーがそう簡単に体感できるものではないという。

「フェアに考えて(ドライバーの感覚としては)違いはわからないと思います。たとえばバルセロナ合同テストで、1周目と2周目でエンジンを換えたりすれば、さすがに『変わったね!』ってすぐわかると思いますけど、違うサーキットで違うエンジンを走らせても、その違いはわからないとは思います」(ホンダ・長谷川祐介F1総責任者)

この記事の続きを読む

1