大坂なおみ、攻撃データはビーナスを圧倒。もうすぐ世界がアッと驚く

「彼女は本当に勝者に値するプレーをした」

 元世界女王のビーナス・ウイリアムズは、若き挑戦者である大坂なおみへ最大級の賛辞を送った――。

 大坂(WTAランキング59位、7月3日付け)は、ビーナス(11位、アメリカ)に(3)6−7、4−6で敗れたものの、大坂の大舞台での強さは、テニスの聖地といわれるウインブルドンでも存分に発揮された。

 1年前にも大坂はウインブルドンに出場できるランキングであったが、右ひざのケガのため出場を見送っていたため、今回は満を持しての初出場となった。

 大坂の父親でコーチを兼任するレオナルド氏は、「ウインブルドンで、いいプレーをしてくれることだけを願っています。彼女ができる限りの力を出してくれればいいです」と愛娘の初出場に温かいまなざしを向けた。

 また、フェドカップ日本代表監督の土橋登志久氏は、次のように大坂へ大きな期待を寄せていた。

「大坂の強力なサーブやストロークを考えると、芝で十分戦えると思う。今、彼女が持っている力を発揮できれば、1回戦を勝てば勢いがつくと思います。(グラスでのフットワークは)彼女が経験していかないといけないことですが、短いボールに反応できていましたし、対応できると思っています」

この記事の続きを読む

1