落車が続出のツール序盤。王者フルームはマイヨ・ジョーヌを守れるか

 7月1日から23日まで開催されている世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」は、7月10日に休息日を迎え序盤戦が終了した。休息日前日の第9ステージを終えた段階で総合1位選手に与えられる黄色いリーダージャージー「マイヨ・ジョーヌ」を着用しているのは、3年連続4度目の総合優勝を狙うイギリスのクリストファー・フルーム(チーム・スカイ)。序盤戦は順風満帆のように見えるが、実はここまで波乱続きのレース展開だった。

 フルームをエースに起用したチーム・スカイにとっては、まさに完璧な滑り出しだった。フルームがもっとも信頼するゲラント・トーマス(イギリス)が初日の個人タイムトライアルを制し、まずはチーム内でトーマスがマイヨ・ジョーヌを獲得する。トーマスは5月に開催されたジロ・デ・イタリアにエースとして起用されながら、ケガで無念の途中リタイア。しかしリハビリを経て復調し、フルームの希望もあって急きょツール・ド・フランスのメンバーに加わった。

 トーマスは4日間マイヨ・ジョーヌを守り続けたが、大会最初の山岳区間となった第5ステージでライバルチームの主力選手とフルームについていけず、総合2位の位置にいたフルームに栄冠のジャージーを譲り渡すことに。それも、チームとしては想定通りだ。

この記事の続きを読む

1