コーディネートもバッチリ。青木瀬令奈がツアー2勝目へ準備万端

 今年も華やかな「サマンサタバサレディース」がイーグルポイントゴルフクラブ(GC)に戻ってきた。初夏の3日間、女子プロたちの熱い戦いがスタートするが、今回の注目は、なんといっても青木瀬令奈であろう。

 ホステスプロであることももちろんだが、今年はここまで安定した成績を残しており、6月のヨネックスレディスゴルフトーナメントで初優勝を飾った。プロ7年目を迎え、積み重ねてきた力に結果がようやく追いついてきており、「ツアー2勝目をここで挙げられたら」と、優勝への意欲も非常に強い。

「この大会は、一昨年は気合が入り過ぎて予選落ちして、昨年もギリギリ通る感じだったんです。でも、今年は優勝していい流れでこの試合を迎えられて、精神的にも充実しています。みなさんがすごく注目してくださっているのがわかるので、その期待に応えたいですね。それに3年前、仲良しの(成田)美寿々と同期の香妻(琴乃)がプレーオフで優勝を争って美寿々が優勝しましたし、一昨年は(ホステスプロの)原(江里菜)さんが優勝を争って盛り上がりました。今年は自分がっていう気持ちがすごくあります」

 優勝を狙うだけの確かな自信が今、青木の中に膨らんでいる。今シーズン前のオフ期間、青木は厳しいトレーニングを重ね、打ち込みを入念に行なった。その必要性に気づかされたのは、昨年のシーズン終盤の出来事だった。

「移動の疲労などが重なり、右ひざに痛みが出たんです」

この記事の続きを読む

1