バトンと可夢偉がスーパーGT鈴鹿に挑む。マシンに乗った感想は?

 8月26日〜27日に鈴鹿サーキットで行なわれる2017年のスーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」には、例年以上に豪華なメンバーが集結する。なかでも注目は、GT500クラスにスポット参戦するふたりの元F1ドライバーだ。

 まずひとりは、元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトン(イギリス)。そしてもうひとりは、今年のル・マン24時間レースで日本人ふたり目のポールポジションを獲得した小林可夢偉。バトンは「チーム無限(ホンダ)」、可夢偉は「レクサス・チーム・ウェッズスポーツ・バンドウ」から参戦する。

 8月の本番に向けてバトンは、6月6日〜7日に行なわれたタイヤメーカーテストですでにGT500マシンをドライブしている。だが、そのときは走り足りないような表情を見せていた。するとバトンは、6月30日〜7月1日に鈴鹿サーキットで行なわれる公式合同テストに急きょ参加希望を表明。当初は予定になかったが、今回のテストは本番と同じくらいの台数が参加するため、スーパーGT特有のGT500・GT300による混走なども経験できるからだ。

 この2日間では、一番の課題としていた混走を経験した他、タイヤの比較テストや予選のタイムアタックを想定した走行、そして決勝を見据えたロングラン(連続周回)走行のテストも実施。スーパーGT独特の手順で進められるセーフティカーシミュレーションにも参加した。

この記事の続きを読む

1