MLB選手の年収ランキング。田中将大は15位、大谷翔平が移籍なら?

 前回の記事で、米『Forbes』誌の電子版による「世界で最も稼ぐサッカー選手」を伝えたが、今回は野球選手のランキングを紹介したい。

 6月に発表された「世界で最も稼ぐスポーツ選手100人」にランクインしたベースボーラーは22人。サッカーやテニスのようなワールドワイドな競技ではないために広告料による収入が比較的少なく、トップはクレイトン・カーショウの28位と、最高額は他のスポーツと比べると低い。だが、2000万ドル以上の年収を手にする選手は実に36人。これは、アメリカのプロスポーツで最多だ(次点はNBAの29人)。

 こちらも前回のリスト同様に、2016年6月1日から2017年6月1日までの1年間に選手たちが手にしたサラリー、ボーナス、賞金、広告収入、ライセンス料、肖像権などによる収入を、同誌の調査によってランク付けしたものである。

※日本円は、7月14日現在の為替レート(アメリカドル1ドル=113.66円)で換算

◆1位(全体28位):クレイトン・カーショウ/ロサンゼルス・ドジャース、アメリカ

 サイ・ヤング賞に3度輝いた29歳の左腕が、3年連続で野球選手の稼ぎ頭となった。2014年に7年で2億1500万ドル(約243億円)の巨額契約を結んだカーショウは、この1年の総収入が3330万ドル(約38億円)。3250万ドルの給料を球団から受け取り、広告料(アンダーアーマーやメルセデス・ベンツなど)の収入が80万ドルある。なお、もう1度サイ・ヤング賞を獲得すれば、100万ドルのボーナスを得ることになっている。

この記事の続きを読む

1