元MVPレアンドロ・ドミンゲス獲得で、横浜FCのJ1昇格は叶うのか

 7月15日、ニッパツ三ツ沢球技場。J2リーグ11位の横浜FCは18位のFC岐阜を1−0で下している。横浜は暫定で5位に浮上。J1昇格プレーオフ圏内(6位以内)にカムバックした。

「自分たちがボールを持って攻めたが、決めきれず、失点してしまった。その前後のメンタルが差として出た。横浜のサッカーはPRACTICOだった」

 岐阜のゴールマウスを守ったスペイン人GKビクトルは、試合の流れを端的に説明している。「PRACTICO」は現実的な、実利的な、という意味である。効率的だったということだろう。

 では、横浜FCはこの日の戦い方でJ1昇格の夢を果たせるのか?

 横浜FCは開幕以来、自動昇格圏内(2位)をキープしてきた。センターバックとして補強した元オランダ五輪代表カルフィン・ヨンアピンが守備を堅牢化。さらにエースFW、イバが16ゴールでJ2得点王争いのトップを走って(第22節終了時点)、チームを牽引してきた。

「外国人選手が軸になっている。彼らなしのチームは考えられない。刺激を受けることで、高丘(陽平)のように若い選手が頭角を現している」

この記事の続きを読む

1